麻酔の種類

インプラントのレントゲン

加齢や歯周病などで、自分n歯が抜けてしまった場合、新たな人工の歯を作る事が一般的です。
新しい歯を作る際、なるべく機能性と審美性を兼ね備えた、治療を受けたいという方が多いでしょう。
このような方にお勧めなのが、「インプラント治療」です。
インプラント治療は、入れ歯などとは違い、人工の歯根を顎の骨に埋め込む治療となっています。
人工ですが新たな歯根が出来る事もあり、インプラント治療は「第二の永久歯を作る治療」とも言われているのです。
しっかりと人工歯根が、顎の骨に埋め込まれているという事もあり、硬い食べ物も食べやすく、また入れ歯のように噛み合わせが悪くなるという事もありません。
また自然な歯と同じような見た目なので、審美性にも優れた治療法でもあります。

自分の歯が何等かの理由で抜けてしまった場合、新しく人工の歯をつける事となります。新しい歯をつける治療法には、大きく分けて「入れ歯」・「ブリッジ」・「インプラント治療」この3種類が一般的です。
入れ歯は歯茎の上に、人工歯を装着する治療となっています。総入れ歯の場合は、マウスピースのように作られた、人工歯を装着します。
部分的な入れ歯の場合、金具が取りつけられた人工歯を、歯茎の上からつけます。金具がついていると、どうしても口を開けた時に目立ってしまう為、気になるという方が多いようです。
ブリッジは1本から2本、歯が失われた時に、有効な治療法です。歯が抜けた部分の隣にある歯を削り、そこへ人工歯を橋のように渡すのが特徴となっています。
健康な歯を削るという事に、抵抗を感じる方には、お勧めできない治療法と言えるでしょう。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着します。
見た目は自然で、しかも機能性も高い事から、入れ歯やブリッジに不満を感じている方に、お勧めの治療法です。

インプラント手術を行って健康的な歯を取り戻す


Copyright(c) 2015 インプラント手術を行って健康的な歯を取り戻す. All Rights Reserved.